金について

金

金とは?

金は多くの時代と地域で貴金属としての価値を認められてきました。装飾品等として人類に利用された最古の金属です。銀や銅と共に貨幣用金属の一つであり、貨幣(金貨)として使用され、流通してきました。。ISO通貨コードではXAUとあらわします。また、歯科医術・エレクトロニクスなどの分野で様々な利用方法が応用されてきています。

金の純度

金の純度は24分率で表されます。純金は24カラット(宝石の重さを表すカラットとは異なる)または単に24金とし、金の含有率が下がるに従い数字が減っていきます。18金は18/24、すなわち75%の純度の金の事です。また純度の表記としてカラット(Karat)の「K」を用いる事もあります。例えば24カラット(24金)はK24、18カラット(18金)はK18と表します。このほか純金の度合いを0.995などのように 0 から 1 の数値で表すこともあります。また純金とされる24カラットですが、日本では99.99%以上の純度を保つ金は全て24カラットを名乗って良いことになっています。ホールマークはK9は375、K10は417、K12は500、K14は585、K15は625、K18は750、K20は835、K22は917、K24は1000になります。

産出

金の主な産出国は南アフリカ共和国、オーストラリア、アメリカ合衆国、中華人民共和国です。そのあとにはペルー、ロシア、カナダ、ウズベキスタン、インドネシア、パプアニューギニア、ガーナ、日本などが続きます。

用途

金はやわらかい物質であり、純度100%では装飾品として機能しづらいため、ほとんどの場合、別の金属との合金によって装飾品を作ります。装飾品ではK18やK14が一般的です。金は通常錆びることがなく、アレルギーの発現率も極めて小さいことから、アクセサリーとして手入れしやすく安心して身につけられることも人気の理由となっています。 混ぜる金属の種類や配合率によって色が変わる、一般的なものはイエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールドです。

薄利多買

金買取・18金買取・24金買取・純金買取・インゴット買取・コイン買取・金貨買取・キヘイ買取・喜平買取・キヘイネックレス買取・キヘイブレスレット買取・シルバー買取・銀買取・ジュエリー買取・宝石買取・貴金属買取・地金買取・ダイヤ買取・ダイヤモンド買取・大判小判買取・金歯買取・金糸買取・金杯買取・るつぼ買取・工業用貴金属買取